代表挨拶

当社は皆様方のご理解とご協力により令和3年10月29日に民事再生手続きの終結を迎えるに至りました。
令和2年6月30日に大阪地方裁判所に再生手続きの申請をして以来、これまで営業活動を継続してこれましたこと大変有難く、改めてお客様、お取引先様、関係者の皆様方に深く御礼申し上げます。

新型コロナウィルスの世界的な流行は観光業界に多大な影響を与え、訪日旅行者数は皆無の状態です。
しかしながら日本の観光におけるポテンシャルは世界でもトップクラス。経済の活性化のための観光振興は大きな国策となっており、2025年大阪万博にIR・2030年には訪日外国人旅行者を6000万人にする計画です。
新たな旅行スタイルを模索しながら、必ずや日本は観光立国として成長していくこととなるでしょう。
当社も世界中のツーリストに旅行、観光を通じて「ハッピーメモリー」と「感動」をお届けして参ります。

創業以来、お客様に一生の思い出に残る旅行を提供したいという思いを大切に様々な事に挑戦して来ました。
2021年で国内・海外の旅行事業は40周年を迎え、ホテル開発、運営事業においては2004年より本格参入し、インバウンドマーケットでの営業活動も積極的に進めてきました。
このノウハウを今後の再生の柱として発展させて参ります。
またコロナ禍の体験から旅行はさらにオンラインで完結できるスマート化が求められています。有意義な情報をより多く提供し、利便性の高い予約システムと魅力的な商品、そして細やかな心配りで顧客満足度を高めていく。
高い目標ではありますが、全社員一丸となって立ち向かい、業界にイノベーションを起こせる企業となれるよう日々精進して参ります。

今後ともご支援、ご愛顧、賜りますよう、宜しくお願いいたします。

代表取締役 池田 千代子